上肢の後遺障害における動揺関節とは?

動揺関節とは、関節の安定性機能が損なわれ、関節の可動性が参考可動域以上に大きく、あるいは異常な方向に運動可能になったものをいいます。

動揺関節の等級と認定基準は以下のとおりです。

等級 認定基準
10級に準じる 常に硬性補装具を必要とするもの
12級に準じる 時々硬性補装具を必要とするもの
12級に準じる 習慣性脱臼

動揺関節の検査方法には、関節に負荷をかけた状態でのレントゲン撮影等があります。