前十字靭帯損傷

症状

前十字靭帯(ACL)は、膝関節の中で大腿骨と脛骨をつないでいる靭帯です。

靭帯の損傷は、損傷の程度により一部損傷、部分断裂、完全断裂に分類されます。

症状としては、痛み、歩行困難、膝くずれなどが生じます。

検査・診断

徒手検査として、前方引き出しテスト、ラックマンテストが行われます。

また、MRI検査も行われます。

治療

保存療法や、靭帯再建のため手術療法も行われます。