機能障害の認定において必要とされる「原因」とは?

症状固定後に可動域の測定をして、1/2、3/4以下に可動域の制限が認められる場合、当然に機能障害が認定されるのでしょうか?

機能障害が認定されるためには、事故により関節の動きが制限される原因となる器質的損傷(骨折後の癒合不良、神経の損傷等)が必要とされています。

そのため、単純に痛みが残存するために可動域が制限されている場合には、機能障害として認定されることは困難といえます(局部の神経症状として12級13号、14級9号が認定される可能性はあります)。