醜状障害

醜状障害の認定基準は以下のとおりです。

等級 傷害の程度
外貌 7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの
上・下肢 14級 3号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
4号 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

①外貌

外貌とは、頭部、顔面部、頸部など、上肢及び下肢以外の日常露出する部分をいいます。

②著しい障害

原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のもの

ア 頭部にあっては、手のひら大(指の部分は含まない。以下同じ。)以上の瘢痕又は頭蓋骨の手のひら大以上の欠損

イ 顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大以上の組織陥没

ウ 頸部にあっては、手のひら大以上の瘢痕

③相当程度の醜状

原則として、顔面部の長さ5cm以上の線状痕で、人目につく程度以上のもの

④単なる醜状

ア 頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損

イ 顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3cm以上の線状痕

ウ 頸部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕

⑤上肢下肢の露出面

上肢又は下肢の露出面とは、上肢にあっては、肘関節以下(下部を含む。)、下肢にあっては、膝関節以下(足背部を含む。)をいう。