交通事故Q&A

整骨院、接骨院に通う費用は損害として認められるのか?

交通事故で怪我をして、整骨院、接骨院に通った場合の施術費について、損害として認められるのでしょうか。

こうした施術費は、医師の指示があった場合又は症状により有効かつ相当な場合は、相当額が認められるとされています。

加害者側が施術費の相当性を争ってきた場合には、医師の指示があったこと、医師が了解していたことなどを医師の協力を得て証明したり、整形外科におけるカルテや、整骨院の施術証明書の記載に基づき、整骨院、接骨院での施術が症状改善に役立っていたことを証明するなどして反論を行うことになります。

そのため、整骨院、接骨院に通う場合は、整形外科への通院も続け、医師に相談しながら通う必要があります。

医師によっては、患者が整骨院、接骨院に通うことを嫌がることがありますが、医師に内緒で通うことは避けた方がよいでしょう(損害賠償請求の場面で困ります)。

また、整形外科における診断書の負傷部位と、整骨院、接骨院における施術部位が異なる場合、骨折箇所に施術が行われている場合には(骨折箇所への施術には医師の同意が必要とされています)、加害者側は当然に争うことが予想されますので、注意が必要です。

整形外科への通院が大変であるとして、整骨院、接骨院に通われる方も少なくありませんが、損害賠償の場面において施術費が当然に認められるものではないことを理解しておく必要があります。

最近は、整形外科でもリハビリに力を入れ、診療時間の面からも通院しやすいところが増えてきていますので、どのように治療をしていくべきか弁護士にご相談いただければと思います。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付