当事務所の解決実績

過失割合を徹底的に交渉し、被害者の過失が50%から10%になった事案

事件の内容

自転車で山道となっている狭い道路を走行していたところ、前方から進行してきた自動車に正面から衝突されるという事故に遭われ、保険会社の主張する過失割合に納得できず、ご依頼されました。

保険会社との交渉

保険会社は、類似の事案であると主張する裁判例を示し、また、道路交通法に基づく見解であるとして、被害者の過失を50%であると主張していました。
事故現場が特殊な道路であったため、まずは警察で作成された実況見分調書を取り寄せ、事故現場の写真も確認し、事故現場の状況を十分に把握することから始めました。
事故現場の状況がわかると、保険会社の示す裁判例が不適切であること、保険会社が道路交通法の理解を全く誤っていることが判明しましたので、これを丁寧に書面にまとめ、資料を添付し、保険会社へ提示しました。
保険会社も、見解の誤りを素直に認め、被害者の過失割合を10%とする案に応じることとなりました。

解決の内容

保険会社との示談交渉により、慰謝料額を事前の提示額から増額させ、被害者の過失を10%とする示談が成立しました。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付