交通事故の慰謝料の増額を認めた判例

POINT 1

交通事故の慰謝料には一般的な基準がありますが、裁判においては特に慰謝料を増額すべき事由があるとして、一般的な基準よりも高額な慰謝料が認められる場合もあります。
そうした、慰謝料を特に増額すべきと判断した判例を、増額の理由により分類して紹介しておりますので、裁判所が交通事故の慰謝料の判断において重視するポイントを理解することができます。
加害者に悪質といえる事情があり、特に被害者の精神的苦痛が大きい事件だけでなく、後遺障害逸失利益を認めない一方で慰謝料を増額する事件、症状と事故の因果関係を否定する一方で慰謝料を増額する事件など、慰謝料の調整的な機能から慰謝料の増額を認める事件もあります。
慰謝料の増額を主張すべき事情がある事件では、これら判例を参考にしていただけたらと思います。

POINT 2

交通事故の慰謝料につきましては、保険会社が提示してくる基準と、弁護士が交渉する際の基準(裁判基準)とでは、金額が大きく異なります
西宮原法律事務所では交通事故の無料相談を行っておりますので(夜間、土日のご相談、治療中のご相談にも対応)、交通事故のお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

増額事由 カテゴリー

加害者の事故後の行動から慰謝料の増額を認めるもの

事故態様、事故直後の行動等から慰謝料の増額を認めるもの

症状固定後の治療等を理由に慰謝料の増額を認めるもの

逸失利益を否定して慰謝料の増額を認めるもの

休業損害を否定して慰謝料の増額を認めるもの

症状と事故との因果関係を否認し慰謝料の増額を認めるもの

その他の損害を考慮して慰謝料の増額を認めるもの

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を


お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30 受付


メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは24時間受付